車 試乗記 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/06/28 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
Tadanori Haseさん
  • 情報提供マツダのお店が変わりすぎて辛い…… 元ディーラー営業マンのホンネTadanori Haseさんのプロフィール
  • 近年マツダが魂動デザインなどと言い出してから、販売店までオシャレなイメージを出そうと次々に改装されている。近所のマツダ店もいつの間にか内外装をリメイクして真っ黒になっていたが、正直コレジャナイ感が物凄い。マツダの店といえば、建物は白地に青のデザインで、外にはのぼりが立ち並び、従業員お手製の卓上POPや値引きチラシが無造作に置かれている……というのが従来のイメージであった。高級感は皆無だが、これはこれ

2位
ブリューナクさん

3位
外川 信太郎さん
  • 情報提供VW新型「ポロR」写真入手 自動車ライター外川信太郎の泡沫記オフィシャル外川 信太郎さんのプロフィール
  • フォルクスワーゲン新型「ポロ・R」写真を入手20インチホイールを装着。迫力満点のボディは「ゴルフR」以上!?新型「ポロ」2018年モデルが登場したばかりであるが、最強バージョンである「ポロ・R」の写真を入手した。専用大型スポイラーに巨大なエアインテーク、そしてマットブラック仕上げの20インチアルミホイール、隙間からはブルーに塗られた大型キャリパーが見える。販売時期などは全くの未定であるが、先代の「ポロ・R WRC」
4位 ブリューナクさん
5位 クルマ試乗記&Movie! (旧クルマ本を斬る!)さん
6位 外川 信太郎さん
  • 情報提供ジャガー新型SUV「E-PACE」 自動車ライター外川信太郎の泡沫記オフィシャル外川 信太郎さんのプロフィール
  • ジャガー新型コンパクトSUV「E-PACE」英ジャガーは、新しくラインアップに追加するコンパクトSUV「E-PACE(Eペイス)」を7月13日(英国時間)にワールドプレミアすると発表した。ジャガーの売り上げは非常に好調で、世界販売台数は前年度比83%も増加している。コンパクトSUV市場に投入することで、新たな顧客が増えることだろう。同社の「F-PACE」同様、「スポーツカーのような外観とジャガーが誇るパフォーマンスを融合した「E-PA
7位 ドラヨスさん
8位 Tadanori Haseさん
  • 情報提供タカタついに経営破綻 元ディーラー営業マンのホンネTadanori Haseさんのプロフィール
  • 「売り家と唐様で書く三代目」という言葉がある。初代がせっかく事業を立ち上げてても、三代目になる頃には家を売るほどまでに没落してしまう。三代目は世間知らずの無能だが、育ちは良いものだから「売り家」と書いた張り紙の書体だけが洒落ている、という皮肉である。今日もまた、三代目にして潰えた企業が現れた。エアバッグ製造大手のタカタが、本日付で東京地裁へ民事再生法の適用を申請したのである。タカタは2004年以降、エ
9位 ドラヨスさん
  • 情報提供【比較対決】新型ハリアー VS CX-5!どっちに何が足りないか?オススメは? ワンダー速報ドラヨスさんのプロフィール
  • 2017年6月にマイナーチェンジを行った新型ハリアーとマツダの新型CX-5、どっちを買おうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?今回は、トヨタのマイナーチェンジを行った新型ハリアーと、マツダの新型CX-5の比較対決をレポートします!以前、レクサスNXと新型ハリアーで行ったあれと同じような感じで、どっちに何が足りないかをまとめてみたいと思います。2017トヨタハリアーマイナーチェンジまとめ!レクサスNXとどっちを買
10位 ドラヨスさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 外川 信太郎さん
  • 情報提供コスパ最高シリコン洗車 自動車ライター外川信太郎の泡沫記オフィシャル外川 信太郎さんのプロフィール
  • コスパ最高!「シリコンスプレー」を使ったお手軽コーティングネット動画でも話題。カーワックスよりはるかに格安の「シリコンスプレー」でコーティング最近、ネット動画でも話題の「シリコン洗車」。筆者も「カーワックス評論家」として、これは試さないわけにはいきません。早速、近所のホームセンターをのぞくと一般のスプレーサイズで¥178、写真の大容量サイズでも¥356と超格安。「シリコンスプレー」には、多くの反響を頂い
12位 外川 信太郎さん
  • 情報提供VW新型「ポロ」新旧写真比較 自動車ライター外川信太郎の泡沫記オフィシャル外川 信太郎さんのプロフィール
  • フォルクスワーゲン新型「ポロ」2018年モデル新旧写真比較並べてみるとここまで違う。過去最大のモデルチェンジ上記が先代(日本では現行)の「ポロ・ハイライン」、下記が新型「ポロ・Rライン」2018年モデル。比べてみると、下げられた車高が最も印象的である。上記が先代「ポロ・ハイライン」、下記が新型「ポロ・Rライン」2018年モデル。一点の共通部品がないほど大幅な刷新が行われた。最も特徴的なのは、Bセグメントでは世界
更新時刻:17/06/28 20:30現在