TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

交通安全・交通ルール 新着記事

NEW POST
help
  • 交差点で交通死亡事故 現場検証目撃!!

    警察官の方には敬礼により挨拶しています。仲良くなろうという意思をこめてのことです。極端に言えば、永い年数をかけて味方になってもらえるようにしたいのです。敬礼す…

    ヘンデル

    交通事故の防止と生活保護を促進するブログ

    読者になる
  • 生活保護批判は迫害だ!!

    妻が民生委員をしています。ですから、生活保護については良く知っています。 働くより生活保護ほうが良いなどというのはデマです。生活保護へのバッシングをされる方が…

    ヘンデル

    交通事故の防止と生活保護を促進するブログ

    読者になる
  • 交通事故で死亡させると、会社はあなたを解雇も

    とにかく、幾重にも注意と警戒をおこたらない運転を心がけましょう。 引用はしませんが解雇になった実例があります。 危険運転致死傷罪が適用されると可能性が高いと思…

    ヘンデル

    交通事故の防止と生活保護を促進するブログ

    読者になる
  • ボランティア活動中心主義

    昨日は,朝,弁護団会議(Zoom)に参加して,午後は弁護士会の委員会関連会議(Microsoftteams)に参加してから,委員会関連会議(リアル)に参加するため弁護士会館に行き,その会議が終わった後に,T市から頼まれた多重債務者からの相談を受けました。この3つの会議と1つの相談はすべてボランティア活動です。ボランティア活動中心主義

    あおいファースト

    年中無休の弁護士日記   〈法律相談予約電話:06-6364-6033〉

    読者になる
  • 相続時精算課税制度への誤解

    相続時精算課税制度について,誤解している人が多いので,ここで説明します。相続時精算課税制度は,相続税の節約に資するモノではないということです。これを押さえておいてください。この制度を解説するためには,相続税と贈与税の関係から説き起こす必要があるのですが,相続時精算課税を選択した場合の贈与税の計算を具体例(国税庁のHPより)で説明すると次のとおりとなります。例: 父及び母から生前贈与を受け、父からの贈与について相続時精算課税を選択する場合(1年目)父から1,000万円、母から400万円の贈与を受け、父からの贈与について相続時精算課税を選択する。(1)父からの贈与<課税される金額の計算>1,000万円-1,000万円(特別控除額)=0<翌年以降に繰り越される特別控除額の計算>2,500万円-1,000万円=1,50...相続時精算課税制度への誤解

    あおいファースト

    年中無休の弁護士日記   〈法律相談予約電話:06-6364-6033〉

    読者になる

「車ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)